更年期障害の対策に有効な手段|医療機関を受診しよう

症状を緩和するための方法

女性

更年期障害は誰にでも訪れるものです。症状を緩和するための対策としては、食習慣や生活習慣の改善に加えて、サプリメントを併用することをおすすめします。サプリメントを選ぶ際には、口コミサイトなどを参考にすると良いでしょう。

View Detail

閉経期のイライラを解消

2人の女医

ホルモン補充療法とは

更年期障害は閉経前後の時期に、ホルモンのバランスが乱れることで発症します。症状が軽ければ生活習慣を見直すことで改善しますが、重い頭痛や不眠が続くようであれば、病院へ行くことも必要になります。医療機関では更年期障害の対策として、主にホルモン補充療法が用いられます。閉経期には女性ホルモンであるエストロゲンが急激に減少するため、体がついていけずに変調を起こしやすくなります。ホルモン補充療法は少量のエストロゲンを外部から補うことで、さまざまな症状を和らげながら、少しずつ体を慣らしていく治療法です。ほてりやのぼせが改善されるだけでなく、骨粗しょう症や生活習慣病の対策にもなり、また肌の潤いを取り戻す作用もあるとして人気です。

漢方薬や抗うつ薬も

ホルモン補充療法というと、乳がんや子宮体がんを心配する方もいます。最近ではホルモン剤も改善され、かつてのようなリスクはないと言われていますが、むやみに多用するのは問題です。本当に辛い更年期障害の対策として、医師の指定した適切な分量を使用することが大切です。更年期障害にはホルモン剤のほかに、漢方薬や抗うつ薬も用いられます。漢方薬は穏やかに体調を改善するのが目的で、ホルモン剤の副作用を避けたい場合に有効です。また不眠や不安が強いときには、抗うつ薬や抗不安薬も対策のひとつになります。薬を使いたくない方は、カウンセリングだけでも効果を得られる場合があるので、婦人科や心療内科を受診してみると良いでしょう。

悩む前に相談しよう

3人の女性

更年期障害の症状は人によって異なります。これまで感じることのなかった体のほてりやのぼせ、頭痛、息切れ、疲れやすいなどに加えて、イライラする事が多い、不安感や気分の落ち込みがあるという場合の対策として、早めに医療機関を受診するようにしましょう。

View Detail

男性にもあります

女医

対策が遅れてしまいがちな男性の更年期障害は、周囲の人達が症状に気がつくということが多いようです。笑顔が少なくなった、食欲が無い、眠れないなどの症状に気がついた場合には、早めに医療機関を受診するようにしましょう。

View Detail